読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅおしゅおの喫茶養生記

大好きな中国茶や目下勉強中の中国語について。たまに中国のことも。

中国茶覚書 金駿眉

高級紅茶 金駿眉を頂きました。

芽の部分のみ使っているので、茶葉は小さく柔らか~
茶葉を見ただけでワクワクします

水色は澄んでいて深い橙色
日本茶は普通濁っていますが、中国茶は澄んでいる方が良いお茶。荒く製茶されたり保存方法が悪いと茶葉が粉々になって濁りますからね。

味は芳醇そのもの。旨みが口いっぱいに広がります。
香りは、甘いと言っても花や果物の甘さというより、トマトみたいな旨みのある甘さに感じられました。

インドや台湾などで生産された紅茶(普通イメージするところの紅茶)は甘い香りが特徴ですが、武夷山の紅茶は旨みが特徴。

あまりにも濃厚でお茶酔いしそうです。